太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電設備を導入すると、国からの補助金を受けることができます。

イチ押し通販生活館 > 太陽光発電

太陽光発電 売電価格

太陽光発電は、クリーンなエネルギーを普及させることと、地球温暖化を防ぐ目的のために、比較的に誰にでも参加しやすい太陽光発電の設置で、国は補助金制度を用意しています。日本のすべての屋根に普及させようというのが目的なんだそうです。導入のための施工事業が活発になってます。産業の育成も兼ねているということで日本経済の復活に役立ちます。

設置を検討している方に一番興味があると思われる住宅用導入のための補助金制度について説明します。この制度は毎年予算が設定されてます。その予算がなくなった時点で終了となるため、つまり、早い者勝ちの制度なんです。そのため、多くの人がパネルの設置に踏み切っているということです。かつての、エコカー減税と同じような補助金制度考えて下さい。この制度を利用するためには事前に申請が必要となります。規模も関係します。施工業者が詳しいことを把握していますので、業者選定が完了したら、業者に手続きを任せた方が確実です。

設備工事をする際は、設置条件により普通よりも多額の費用が発生する場合があります。そのような場合は設置工事費控除や離島設置対策費控除の適用を受けることができるようになっています。できるだけ設置がしやすくなるような配慮がされているのです。ただし、それらの金額には上限があることと、補助金をもらっても、ある程度の金額は個人で負担しなければなりませんが、ローンで支払うことも可能です。

設置すれば、10年間は保証され、売電価格も定額保証です。つまり、太陽光なら今と言うことです。

太陽光発電 補助金

補助金が利用できることに多くの人が太陽光に関心を持っていますが、導入を考えているならば、メーカーによる効率の違いを確認しておくことが大切となります。効率とは、同じ太陽の光でどれだけの電気を作り出すことができるか?と言うことです。発電のメカニズムはメーカーによる違いはありませんが、使用しているパネルにより効率に違いが発生するためです。太陽光発電を行う部分を太陽光モジュールと呼ばれており、現在一番良いと言われているのが東芝のモジュールで変換効率19%です。たった19%ですか、と思っている人も少なくないでしょうが、現代の技術ではこのレベルが最高水準です。

将来においてもっと効率の良いモジュールが開発される可能性は否定できませんが、その開発を待っていては、補助金制度が終了してしまうこと間違いなしですね。次に、効率が良いのが、パナソニックのモジュールが18%と言われています。太陽光の設置を考える時にパネル単体の発電効率を考えておくことも大事ですが、想像できると覆われますが設置面積も重要です。効率が悪くても、面積を広く取れば結果的に発電量を増やすことができるためです。発電効率が高いモジュールほど、価格は高くなります。

太陽光発電設備を導入する時には初期投資を何年で回収するか、を考えておかなければなりません。補助金はあくまでも一時的なものです。それだけを当てにしていてはいけません。3番目に効率がいいのは、京セラのモジュールと言われています。それぞれのメーカーが特徴的なモジュールを販売してますので、自分の家の屋根にどれだけの面積を取ることができるのか、業者に見積もりを取るのが良いですね。

一般的に、初期投資したお金は10年ぐらいで元を取る計算になるそうです。補助金の額が多少変動しても全体の費用はあまり変わらないかもしれません。実際に補助金を受けるためには、いくつかの条件があり、施工業者ときちんと確認をしておいて下さい。設置費用は施工業者によってかなり違いがあります。使用する太陽光パネルのメーカーによっても異なります。一般的な相場ですが、1kW当たり50万円と言われています。

太陽光発電システムはオーダーメイドによる製作なんです。自宅の屋根の広さや形に合わせて、作り上げなければならないからです。住宅用であれば、平均発電量が4.6kWとなっており、設置工事の費用は230万円以下となります。これを目安として考えてみて下さい。

太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?

太陽光発電 トップへ戻る