債務整理

債務整理

債務整理というと自己破産をイメージする方が多いと思いますが、ほかにも方法があります。

イチ押し通販生活館 > 債務整理

債務整理とは

クレジットカードには、キャッシング機能が付帯しており、気軽にカードでお金を借りることができてしまいます。無計画にキャッシングをしすぎて、返済に困り、債務整理をする方が多いです。債務整理で自己破産をする方も増えています。銀行などからの借り入れと違い、若い方でも気軽にキャッシングで、クレジットカード会社から借金が出来てしまうからです。キャッシングと言っても、借金には変わりなく債務整理が必要となることがありません。計画が大事です。

借金の合計が500万円で、最終的に自己破産で債務整理となった方の例ですが、この方は親の事業を助けるために、自分名義のクレジットカード会社や、消費者金融からお金を借りました。とにかく、審査が簡単です。若くて収入が低くても、いろいろな業者が貸してくれたそうです。返済が追いつかなくなると、自宅、職場に業者が来て催促をするのですが、そんな生活に耐えられなくなり、結果、家族全員で債務整理となりました。当時、それほど収入が高いわけでもなく、アルバイトにも関わらず、クレジットカードを作り50万円を借りたとのこと。それまでは、キャッシングを使っていなかったので、最初の限度額が50万円、その半年後には100万円となりました。ほかにも信販系から50万円、クレジット系から30万円、さらに別のクレジット系から20万円と、限度額一杯、キャッシングしたそうです。

よく聞かれますが、このようにクレジットカードを増やすと、一社のあたりで貸してくれる限度額は、だんだん下がるようなシステムになっています。多くのクレジットカードで同時に借金を重ねて、返済できなくなり、債務整理となる方が増えるからです。とてもゆるい審査で、消費者金融会社のスタッフと対面せず、自動契約機を使って、すぐにカードを入手できます。氏名や住所、生年月日、勤務先と、クレジットなどの借入残高を確認できれば、すぐにカードを発行してくれるシステムになっています。そして、その場ですぐに30万円借りれたそうです。

消費者金融との契約には、「無断で返済が遅れたとき、規定により処置を取る」という旨を聞かされますが、実際にそうなってみないとわかりません。3社の消費者金融でお金をかりて、合計して300万円ほどの借金になりました。月収19万円で、返済は14万円という、苦しい生活が始まります。当時、収入がない家族全員を養う必要もあり、厳しい取立てを受けながらも生活を続けるという日々です。やがて、高い金利で増え続けた借金は、合計500万円ほどに。返済が遅延して3ヶ月を過ぎると、取立ての人が、仕事場、自宅、構わずやってくるようになり、怖い思いをしていたそうです。最後の手段として出したことは、債務整理の自己破産でした。

債務整理の際「これまでの人生を反省し、最初からやり直すことが出来る」と弁護士さんから言われて、決心したそうです。債務整理で自己破産した人は、今後、クレジットカードを作れなかったり、就く職業にも影響が出てきたりするそうです。このような体験談では、多くの方が「自己破産は罪」と心に刻んでいますが、誰にでも起こりえる債務整理のケースではないでしょうか。

債務整理 賢い 選択

多重債務者になり、債務整理をした方の体験談を見ますと、最初は、ほんの小額の借り入れがきっかけとなったケースも、少なくありません。例えば、たった1万円をキャッシングしたことから、ずるずると、その後、債務を重ねることになったケースもあります。小額なら大丈夫だと、気軽な気持ちでキャッシングを重ねても、それは「借金をしている」という事実には変わりません。

友人や知人に借金を頼むと、とても申し訳ない気持ちになりますし、同時に情けない気持ちにもなりますが、キャッシングは機械でお金が出てきてしまうので、そうした意識も薄いのではないでしょうか。消費者金融のカードは、わりと簡単に作ることが出来ますので、それを持ってしまったために、借金への悪循環が始まるケースも多いです。不要なキャッシングカードは、持つべきではなく整理すべきです。

債務整理の方法のなかで、特定調停を選び、その後は完済に到った例もあります。
特定調停とは、借金の返済が困難になった人、または会社が、経済的にまた再生できるようにする方法です。債務者と債権者の間には、簡易裁判所が入り、双方の意見を聞き、調整します。特定調停を成立するためには、どうしても債権者側の理解と協力が必要で、弁護士を頼まず自分で申し立てをすることも可能です。

他にもいろいろな債務整理の解決策があります。手遅れになる前に、まずは専門家に相談して下さい。債務整理は賢い対応と時間との勝負です。

街角法律相談所無料シュミレーター

債務整理 トップへ戻る