介護施設

介護施設

介護施設は一度入居するとそう簡単に住み替えられませんので、後悔しないためにも、しっかりと選びたいものです。

イチ押し通販生活館 > 介護施設

介護施設の種類

老人ホームをはじめとした介護施設は、入居した後で別の施設に入居し直そうとすると、費用も余計にかかります。そういう事態にならないためにも、できるだけ事前に抑えておくべきところは、抑えておく必要があります。

入居条件は抑えておかなければなりません。有料老人ホームの場合、入居条件はその施設によって異なります。介護認定を受けているかどうか、または要介護度の度合いによって、入居できるかどうかも変わってきます。住宅型ホームだと、夫婦の場合どちらも条件をクリアしている必要があったり、どちらかがクリアしていれば大丈夫など、そのあたりもしっかり抑えておく必要があります。また、認知症、寝たきりなどによっても条件が変わることもあるので注意が必要です。

介護施設の選び方では、その他に費用であったり、設備であったりということも関係してきます。事前にしっかりと情報を収集し、入居してから後悔しないようにしたいものです。いくら素晴らしい介護施設であっても、費用が予算以上にかかってしまっては、現実的ではありませんので。

有料老人ホームなどの料金体系は、入居金と月額の利用料から成り立っていることが通常です。入居金とは、文字通り入居する際に必要となる費用です。入りたいホームが決まり、契約を結んだ際に支払うことになります。内訳は、そのホームの形態によって異なります。主なものとしては、入居申込金、施設協力費、終身利用権、入居保証金など、住宅サービスに関するものがあります。

また、一般的に終身利用権には償却期間が設けられています。そのため、償却期間に退去した場合には返金があります。ただしホームによっては、契約した段階で全額が償却される場合もあるので注意が必要です。月額利用料には、食費や管理費、介護にかかる費用などが含まれています。これもまた内訳は、そのホームによって大きな違いがあります。管理費の中に光熱費が含まれている場合と、別途で加算される場合があるので、あらかじめどちらなのか確認しておく必要があります。また、介護保険利用料の1割負担額が含まれている場合と、含まれていない場合があるので、こちらも同様に確認しておく必要があります。

介護施設の選び方

有料老人ホームの設備はホームにより大きく差があります。介護や生活をする上で必要最低限の設備しかないところから、まるでホテルのような立派なところまで、実にさまざまです。一般的にどこの施設にでもあるものとしては、エレベーター、ロビー、フロント、浴室、食堂などがありますが、施設によりあったりなかったりするものには、医務室、多目的ホール、売店、理美容室などがあります。これらの設備は、その施設によって規模が大きく異なることも多いようです。

もちろん多くの設備があった方が便利なことには違いありません。しかし、まず重視すべきは安全性です。たとえば、手すりです。健常者にとっては問題ない設備でも、介護が必要な人には不便なこともよくあります。きちんと介護が必要な人の目線で設備が作られているのかを確認して下さい。見た目がよくても生活するのに不便ということもあり得ます。毛足の長い豪華な絨毯は、雰囲気は良いですが、車いすにとっては良くないです。

そしてチェックすべきは居住性です。何と言っても、入居する本人が居心地が悪ければ意味がありません。実際に、体験入居してみて快適に過ごせるかどうか確認してみるのが良いです。介護施設の選び方はいろいろありますが、設備をチェックしておくのはかなり重要な要素です。

介護施設を選択する上で、その施設の医療体制がどうなっているかということは、ぜひともチェックしておきたいポイントです。たとえば有料老人ホームなら、基本的に医療機関と提携して、協力体制を築くように指導されています。しかし、その介護施設によって提携内容に差があり、立地条件的に医療機関から離れている場合、使いづらいという問題も出てきます。医療体制についてチェックする際に、まずは提携している協力病院がどのような診療科目を扱っているのかということも、介護施設の選び方においての重要なポイントです。

そして、部屋の広さや、居室の位置など、選び方の中でもよく見ておきたいポイントです。どのようなタイプがいいかというのは介護内容や個々人によっても異なりますので、1度実際に部屋を見てみたり、体験入居をしてみると良いです。

経験豊富な専門スタッフがご家族と一緒に老人ホームを探します。

介護施設 トップへ戻る