膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みの原因はいろいろです。まずはその症状の違いから原因を探って下さい。

イチ押し通販生活館 > 膝の痛み

膝の痛み原因

膝の痛みは、いろいろな原因が考えられます。まずは、その症状の違いから、原因を探る必要があるのですが、症状は人それぞれです。自分がどれにあてはまるのかを考え、改善方法を考えましょう。動きが異常である場合、例えば、曲げと伸ばしがスムーズにできない、引っかかる感じがする、動かないなど、これは関節部の異常が考えられます。無理に伸ばしたり曲げたりしようとすると、激しい痛みが多いようです。

不安定感がある場合、つまり、歩く時にがくがくする感じがある人、力が入らないとか、ずれることもあります。曲げ伸ばしする場合には、骨と筋肉がしっかりしていなければなりませんが、半月板が損傷していると、がくがくする症状となります。スポーツなどで強く打った時に損傷することが多いようです。

曲げ伸ばしのための靭帯が損傷しているケースもあります。お年寄りの場合は、水が溜まると言われることがあります。この症状は関節水腫と呼ばれ、関節内の関節液が、異常に増えてしまっている状態です。腫れ、痛み、だるさを感じ、皿がぶよぶよしていて、表面が柔らかくなっています。動きがスムーズではなくなる人もいて、中高年になって、骨や軟骨がもろくなり変形することによって引き起こされます。

このように痛みの原因はさまざまです。

膝の痛み 運動

年齢とともに、痛みが生じて悩んでいる人が多くなる傾向です。そんな人に改善するためのストレッチを紹介します。ストレッチをすることで、膝の周囲の筋肉や腱が柔らかくすることが目的です。痛みが改善する人が多いと好評です。

痛みがあると、歩くことが億劫になりますよね。その結果、さらに運動をしなくなったり、体全体がこわばってきてしまいます。これでは、悪循環に陥ってしまいます。改善する方法は、体や膝を動かすことでが、決して無理のない範囲でストレッチをすることが大切です。痛みを我慢して無理をしてはいけません。これは絶対です。痛みの原因は、病院ではっきりとわかる場合もありますが、これと言った原因がないケースの方が多いようです。そのため、治療法としても痛みを和らげるための薬や、外用薬がメインとなります。病院で治療をしている人でも、自宅でストレッチをすることをおススメします。慢性的な痛みに悩んでいる人は、ぜひ試してください。

痛い時には動かさない方がいいと考えている人もいますが、人間の体の仕組みは、曲げたり伸ばしたりをするようにできています。曲げ伸ばしによって、周囲が硬くなってしまうのを防ぐのです。ストレッチをすることで、その効果はすぐに表れてきますので、試して下さい。ただし、長い間使わなかった人は、少しずつストレッチを開始するようにしてください。動かさなかった期間だけストレッチをすると、考えるとよいかもしれません。例えば、怪我などで2か月くらい動かしていないなら、ストレッチの効果は2か月かかると考えてくださいね。

【上田式】膝の痛み改善プログラム ~変形性膝関節症・ランナー膝・ジャンパー膝・鵞足炎・オスグット病など幅広く対応~

膝の痛み トップへ戻る