眼精疲労

眼精疲労

IT化が進む現代、仕事で目の疲れを感じていませんか。

イチ押し通販生活館 > 眼精疲労

眼精疲労 症状

眼精疲労を感じている人で、「VDT症候群」をご存じですか?毎日長時間パソコンやスマホを使っている人、夜遅くまでゲームをしている人に見られる病気で、気づかない間に発症している可能性もあります。主な症状は、視界がぼやけてくる、涙が出ない、ドライアイ、目の充血のような目の症状から、首や肩、背中のこりがひどい、足や腰が痛いなどの体の症状が現れることがあります。風邪を引いているわけでもないのに頭痛やめまいを感じたり、食欲がなくなるなどの症状が出てくることもあります。

眼精疲労のVDT症候群を予防するには、目を酷使することを避けなければなりません。パソコンのモニターが発する光や、作業中の姿勢が疲れの原因となるため、優しい環境づくりが必要です。意外とやっていない人が多いのが、モニターの明るさや角度の調整です。下を向くような視線で、モニターを見ることができるように角度を調整します。そうすると、ドライアイが軽減されます。

モニターの光の強さを輝度といい、外側からの光の強さを照度といいます。目安としての輝度は、文字がメインの作業となる場合は100~150カンデラくらい、写真や動画加工などの作業では、それより少し明るめの200~300カンデラがよいとされています。また、前屈みになったり、猫背になったりするのもよくありません。足の裏全体が、床に接するような姿勢を心がけます。

これらを守るようにすれば、だいぶ眼精疲労が解消されるはずです。あとは休憩を多く取りながら、少しずつ疲れを解消して下さい。

眼精疲労 改善

眼精疲労に良い食べ物と言えば、何を思い浮かべますか?恐らく、多くの人がブルーベリーを思い浮かべると思います。テレビや新聞、雑誌など、多くの広告で見かける機会があるブルーベリーは、眼精疲労を解消する効果があると多くの人が認めています。

各社から、ブルーベリーの効果をさらに強化したサプリメントが販売されていますので、種類もいろいろあり、これからどれを買おうか考えている人も、いるかもしれません。ブルーベリーが良い理由は、アントシアニンが豊富に含まれているためです。ポリフェノールの一種で紫や赤色の成分です。そのポリフェノールが更に豊富に含まれているのが、ここで紹介するアロニアです。このアロニラ、とてもすぐれもので、ブルーベリーの3.82倍ものアントシアニンを含んでます。

サプリでしっかりとケアをしつつ、あまり酷使しないようにし、眼精疲労を軽減させたいものです。

アントシアニンがブルーベリーの約3.8倍!

眼精疲労 トップへ戻る