あがり症

あがり症

あがり症は病気ではありません、誰でも克服できます。

イチ押し通販生活館 > あがり症

あがり症 とは

あがり症はどんな場面で出るものなのかは、人によりそれぞれですが、多くの人にとっての原因は人前です。例えば、会社でプレゼンするとき、結婚式のスピーチをするとき、宴会で司会をするときなど、人前で何かをしなければならないとき、最も多く出るケースではないでしょうか。

どれも緊張する場面ですし、人々の視線が自分に集まります。かなりのプレッシャーとなります。あがり症はその仕組みを理解することで、ある程度、予防は可能で、克服できます。まずは、自分でできる対策から行なってみませんか?具体的にどうすればよいのかといえば、「完璧にやろうと思わない」です。

人前に出ると、かなり動揺するようです。普通の方も人前では当たり前に緊張するのですが、特に緊張が激しいと言われています。人前に立つと、「間違えたくない」とか「うまくやろう」とか、完璧を求めてしまう方が多いようです。気持ちの持ち方次第で、克服できるかもしれません。「なんとかなるさ」と気軽に構える、そのほうが、肩の力も抜けて、普段どおりの自分の良さが出せるものです。人前で「恥をかいたとしても大丈夫!」くらいの大きな気持ちを持って、挑むことを忘れないようにして下さい。

あがり症克服方法

対策として、市販薬などを服用するという方法もありますが、これであがり症が治るわけではありません。克服するには、自分なりに改善方法を考えて行かなければなりません。

克服するには、まず、自分がどのような場面であがってしまうのか、どんなシーンで緊張してしまうのかを、把握する必要があります。例えば、自分はどんな場面が苦手で、その場面だと必ず出てしまうなど、個人それぞれのパターンを知っておくべきです。初対面の人と話すとき、大勢の人の前に出たとき、異性といるときなど、人によりすべての場面であがってしまうという人もいます。なかには大勢の前は平気だけれど、異性の前だと極端にあがってしまうというケースの方もいます。

自分が自覚し、どんな場面で出るのか、そして、その理由はなぜか、突き止められたら改善方法もわかってきますし、きちんと対処して克服できるかもしれません。原因のひとつにコンプレックスあります。人間にはそれぞれ、コンプレックスがあり、それを克服しないと、いつまでたっても、変わることができません。

コンプレックスを改善すると、自信が持て克服につながります。精神が安定していれば、あがり症も出ないので、不安を抑えるための市販薬もありますが、気持ちを落ち着けるための市販薬は、なるべくならしないでおきたいものです。気持ちを切り替えることや、気持ちを自分でコントロールできるように訓練することも、必要です。

金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)

あがり症 トップへ戻る